弁護士

法的な解決をする

小槌

急に会社から不当解雇を言い渡されるというケースも増加してきました。特に最近増えてきたケースが、女性従業員に対するもので結婚や妊娠等を機に解雇するというものです。弁護士に相談することで法的な解決ができます。

詳しく見る

急な解雇の場合

書類

不況により、急に会社から解雇を言い渡されるということも増えてきました。しかし、会社はただ単に解雇を行うということはできません。中には不当解雇に該当するようなケースもあります。解雇を無効にしたいと考える場合や、もう元の会社には戻りたくないけれども、そのまま解雇されるのも納得行かないと感じるようなことも多いです。しかし、実際解雇を言い渡されるとどうしていいかわからないということもあります。そのような際には、労働基準監督署に相談することや、労働組合に相談するという方法があります。しかし、解雇の効力を取り消すということができるわけではないので、最初から会社と争うつもりの場合は、労働審判や裁判を行うという方法があります。

解雇が不当だと感じた際には、労働審判を行うことが出来ます。地方裁判所で行うことができる手続きで、調停や審判を行います。原則として3回以内で集結することや、柔軟な解決、プライバシー保護ということができるというメリットがあります。代理人に弁護士を立てることも可能で、自分の有利になるように書類の提出等の指示や答弁を行なってくれます。労働審判の場合は、早期解決が目的なので証拠等の書類の提出は早期に行うことが必要です。なお、労働審判で納得いかないというような場合は、裁判を行うことも可能です。裁判は判決がでるともう一度争うことが出来ないことから、最初から不当解雇に詳しい弁護士や弁護士事務所を選んで対応を行なっていくことが大切です。

労働審判という方法

弁護士

不当解雇は、労働審判を申し立てるという方法があります。地方裁判所で行われる手続きで、迅速な解決や柔軟な解決を行うということが可能なことが多いです。代理人に弁護士を立てることもできます。

詳しく見る

裁判をおこす

相談

労働審判等で納得行かないような場合は、裁判を起こしていくことがあります。判決が確定すると再度申し立てが出来ないことから最初の段階で実績のある弁護士事務所に依頼することが大切です。

詳しく見る